WSC‘08夏(ワンダーショーケース)
剛本堂

1/8スケール

博麗 霊夢
松倉ねむVer.〜

原型:
横嶋真平氏

(C)上海アリス幻樂団


〜コメント〜

依頼を いただき製作しました。

2008年WF夏のWSCガレージキットです。

WSCのキットは初めて組みますが価格がキットクオリティに

跳ね返ってるとは聞いてましたが

これまたなかなかの難物になっておりましたw

気泡はあって当然として歪みがすごいのにはびっくり@@

表面もシリコンの痛みがわかる荒れがあったり

シリコン片がくっついていたりしておりましたです。

個体差もけっこうあるようで生産上の当たりはずれが

大きいキットのようですね。

組みかけてゲンナリしちゃってる方もネットでちらほらお見かけしますが

仕上がれば非常によいフィギュアなのでがんばりましょう〜ヾ(゚ー゚ゞ)

全体表面を磨き凹凸を処理しモールドの掘り起こし

スカートのフリルは3分割に一体化させて湯煎して形状調整のうえ

必要部分はパテですり合わせ。

スカートはまったく合わなかったのでエポパテで整形。

フリル側でやるとフリルの調整が大変になっちゃうので

胴体部で形状調整しています。

この時全体の立ちラインも決めておいたほうがいいと思います。

ダボの遊びが多いので仰け反りすぎにならないように

注意しておき必要があります。

袖は貼り合せして内側塗装後に後ハメできるように

内部で腕とのすり合わせをして強度確保と角度決めしておきます

上着は塗装後の合わせ目処理あやり易いうようにパテで

すり合わせをやっておきます。

お札とベースは依頼主さまがご用意してくださったものを使用。

塗装は肌はサフレス、髪はウッドブラウンベース

赤はモンザレッドとガイアのピンクの調合

ホワイトはピンクシャドゥ、下駄はシルバー地にクリアーレッドです。

顔は造形はつり目気味なので霊夢らしくあまりきつい感じに

ならないように注意しました。